現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2020年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月9日(水)、スリランカ大使館次席公使兼臨時代理大使
W.K.チャンダナ・ウィーラセーナ氏がJATA志村理事長を訪問

2020年9月14日

9月9日(水)、スリランカ大使館次席公使兼臨時代理大使 W.K.チャンダナ・ウィーラセーナ氏が志村理事長を訪問し、大使館の観光促進活動への協力やアドバイスを求められました。「スリランカは、団体旅行の再開を検討していますので、現地からの最新情報を発信するため、ウェビナーを実施したい。JATA会員の旅行会社またはツアーオペレーターに参加していただくよう、協力をお願いしたい」

志村理事長は「団体旅行の再開は心強いニュースです。日本の海外旅行再開はまだ予測できませんが、来年度のための商品企画が進んでいるので、ウェビナーの開催に協力します」と応じられました。


  • W.K.チャンダナ・ウィーラセーナ氏

  • 志村理事長


懇談の様子

Mr. W.K. Chandana Weerasena, Deputy Chief of Mission and Charge d’Affairs, Embassy of Sri Lanka in Tokyo, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on September 9th, Wednesday

During the meeting, Mr. W.K. Chandana Weerasena talked about and asked for support for the travel promotion activities of his embassy. “The government of Sri Lanka is working towards opening the borders to group tours from overseas. The spread of COVID-19 in the country is under control and our embassy in Tokyo is planning a travel information webinar for the Japanese travel industry. We would like to supply updated information to the members of JATA and will appreciate your support.”

“While it is still early to talk about the restart of the Japanese overseas travel, the planning of next-year tour products is well underway. I believe that the webinar will garner the attention of the travel agencies. JATA will collaborate with your embassy to bring the webinar to wider audiences,” said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る